あすなろの基本理念
Basic philosophy

基本理念

あすなろは、大阿蘇のやまなみを一望する熊本市の東部に位置し、雄大な自然を背景として、優しさと豊かな心を持つたくましい子どもを育むために、次の目標を掲げます。

思いやるのある心。健康な身体。自主性のある行動。

保育方針

  • 生(命)への畏敬の念を持ち、生あるすべてのものを大切にする心を育てます。
  • 集団生活の中から、ルールと協調性が身につくよう養育します。
  • 集団生活における個性を尊重し、元気とやる気を育てます。
  • 食事(食物)の重要性を知らせ、健全な心身の発達の育ちを助けます。
  • 人・地域・自然とふれあい、様々な体験を通し、自ら考え行動できる力を伸ばします。
  • 伝承行事や遊びを通し、たくましく生きる力と工夫の修得を目指します。

保育の特色

異年齢保育

19人以下の0歳児(4ヶ月)から2歳児が、同じ空間で育ち合います。ですから、いつの間にか子どもたちの間に兄弟姉妹のような関係が生まれ、お兄ちゃんお姉ちゃんに対する憧れや小さな子供たちに対する思いやりが自然に育ちます。

他事業所との交流

社会福祉法人山清福祉会の小規模保育事業は、他の事業所との交流に力を入れています。連携施設である「やまなみ」との定期交流や合同での発表会の開催、同一法人が運営する高齢者介護施設「ほほ笑み」で行われる餅つきや歌や踊りの発表など、多くの行事が小規模保育事業所を飛び出して行われています。子ども達の社会性や社交性を育むために、事業所は小規模ですが交流活動は大きく展開しています。

年間イベント

  • 避難訓練・身体測定・誕生日会は毎月行います。
  • 途中入園の場合の家庭訪問は入園月に行います。

あすなろ/だい2 あすなろの一日

0歳〜1歳児
  • 遊びの際は年齢に合った遊びを用意しております。
  • おむつ交換は1日に5回あります。
2歳児
  • おやつや給食の前に手洗い・うがいを行います。

※クリックすると詳細(PDF)が開きます

共通事項
  • 活動内容によって多少変更が生じる場合もあります。
  • 給食は年齢や登園時間に配慮しながら順次食事を摂ります。
  • 午睡の前に着替えがあります。
  • 午睡時の乳幼児突然死症候群(SIDS)のチェックはは0〜1歳5カ月は5分おき、 1歳6カ月〜2歳は10分おきに行います。
ページトップへ