あすなろ あすなろ あすなろ あすなろ あすなろ

あすなろ からのお知らせ

おたより

在園者さまの専用のページ

求人情報

笑顔と大自然に囲まれて
一緒に働きませんか?

入園申し込みについて

お問い合わせ

病院にかかるときは

あすなろの基本理念
Basic philosophy

あすなろは、大阿蘇のやまなみを一望する熊本市の東部に位置し、雄大な自然を背景として、優しさと豊かな心を持つたくましい子どもを育むために、次の目標を掲げます。

思いやるのある心。健康な身体。自主性のある行動。

  • ● 生(命)への畏敬の念を持ち、生あるすべてのものを大切にする心を育てます。
  • ● 集団生活の中から、ルールと協調性が身につくよう養育します。
  • ● 集団生活における個性を尊重し、元気とやる気を育てます。
  • ● 食事(食物)の重要性を知らせ、健全な心身の発達の育ちを助けます。
  • ● 人・地域・自然とふれあい、様々な体験を通し、自ら考え行動できる力を伸ばします。
  • ● 伝承行事や遊びを通し、たくましく生きる力と工夫の修得を目指します。

新着情報
News info

2019年6月14日

職員研修(救急救命)

今年も熊本市東消防署小山出張所のご協力のもと、救急救命講習会を実施いたしました。

乳児サイズや幼児サイズのリアルな人形を使った心肺蘇生訓練や使い方を忘れがちなAEDの使用方法等、いざというときに備えた実践的な研修となりました。

2019年6月14日

初収穫(ジャガイモ)

春に植えたジャガイモが、ついに収穫の時を迎えました。

今年は小振りな品種を植えていたのですが…、確かに小さい!

ジャガイモは小さかったのですが、子ども達の歓声は例年通りとても大きなものでした。

2019年5月11日

安全管理について

皆様ご存じのとおり、滋賀県大津市において幼児二人が犠牲となる大変痛ましい事故が発生いたしました。

亡くなられたお二人に、衷心よりお悔やみ申し上げます。

また、けがを負われた方々におかれましては、一日も早く快復されることを願っております。

さて、今回の事故の報道を受けて当園においても安全管理について再点検いたしました。

特に散歩について、当園は平成28年7月より「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針でございました。というのも、この平成28年7月に「相模原障害者施設殺傷事件」という事件がございました。この事件の報道に接し、すぐに散歩中に不審者に襲われた場合の安全管理について検討いたしました。そして、事業所から離れた場所で事件や事故に遭ってしまうと応援や救助が十分にできないとの結論に至り、「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針が定められました。

この際、「保育事業所における散歩は、子ども達に季節や自然を感じてもらう大切な機会である」という観点から、散歩の範囲を敷地内に限定するという方針に反対意見もございました。

しかしながら、当法人の敷地は広く、敷地内の散歩においても十分に季節や自然を感じていただくことはできると考えております。

例えば、広い花壇には四季折々の花が年中咲いております。

また、敷地内の木々には季節ごとの花が咲き、実をつけます。

前回ご紹介いたしました、サクランボ。

次にヤマモモ。

これはキンカン(今は花の季節)。

畑にはジャガイモが花を咲かせました。

また、アジサイももうすぐ咲きそうになっています。

広い花壇や畑、多くの草花を敷地内に有する当園だからこそ、散歩の意義と安全管理を両立させる方法として「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針を定めることができました。

また、敷地内には高齢者介護施設もございますので、こちらにも散歩がてら寄らせていただき、高齢者との世代間交流にも取り組んでいます。なお、余談ではありますが、介護施設は施設内で猫3匹と熱帯魚を飼っています。子ども達は、こちらも楽しみにしているようです。

これからも、安全管理に細心の注意を払いながら、子ども達に様々な体験をしてもらう機会を確保していきたいと考えています。

>>全部の記事を見る
ページトップへ