あすなろ日記
Asunaro diary

2020年11月20日

サプライズ訪問

当園を卒園して連携園のやまなみに進級した子ども達が、サプライズで遊びに来てくれました。

そして、その手には折り紙で作った花で飾られた画用紙を持っています。

これは勤労感謝の日にちなんで、だい2あすなろの園長に持ってきてくれた感謝状でした。

だい2あすなろの園長は大型自動車の運転免許を持っているので、やまなみの遠足などで運転手を務める機会があります。

今日は、そのお礼に来てくれたそうです。

この感謝状はもちろんうれしかったのですが、それ以上に園長も保育士たちも成長した卒園児に会えたことに大喜びでした。

また、遊びにおいでね!

2020年11月19日

保育参観?

今日は、暑くもなく寒くもなくとても過ごしやすい日です。

こんな日は園庭で遊ぶ子ども達も元気いっぱいです。

そんな子ども達の歓声に誘われて、ご近所にお住いのお年寄りが園庭をのぞきにいらっしゃいました。

初対面にもかかわらず、子ども達は大きな声で「おはようございま~す」とご挨拶。

お年寄りも、「元気をもらった」とご満悦でした。

2020年11月16日

安全第一❤

まずは、こちらの写真をご覧ください。

何の変哲もない窓のようですが、実は先週までの窓とは大きく違います。

どこが違うのかというと、ガラスに透明フィルムが施工されたのです‼

もちろん、見た目には何の変化もありません。写真の意味がありませんでしたね。

今年は大きな台風が九州に接近しましたので、被害に備える作業がとても大変でした。

その作業の中で、「ガラスに飛散防止フィルムを施工しておけば、台風対策だけではなく日常の安全性向上と防犯対策にもなるのでは?」というアイデアが出てきました。

台風が過ぎ去ってすぐに発注したのですが、みんな考えることは同じだったようで先日やっと施工されました。

さぁ、これで準備万端!

台風よ、ドンと来い!

…ウソです。できれば来ないでください。

2020年11月14日

チューリップ

来春に向けて、子ども達がチューリップの球根を植えました。

 

今年はなんと100球!もの球根を用意いたしました。

子ども達には、その中から好きな色を選んで植えてもらいました。

暖かくなる頃には、この子たちの門出を満開の花畑が祝福してくれることでしょう。

2020年11月12日

保健衛生委員

当園では、子ども達がお昼寝している隙にオモチャを一つ一つ丁寧に拭き上げています。

ところが、今日は突然「保健衛生委員 委員長(0歳)」の緊急点検が行われました!

「拭き上げ方が甘い‼」

「そんなことで、子ども達の安全が守れると思っているの?」

と、委員長(くどいようですが、0歳)のチェックの厳しさに保育士もタジタジでした。

2020年10月15日

世代交代

まいにち子ども達を大いに楽しませてくれたザリガニくんでしたが、ついにこの日が来てしまいました。

2年以上も子ども達を楽しませてくれて、本当にありがとうございました。

というわけで、さきほど園長が近くの川に走って、さっそく2代目ザリガニを釣ってきました。

2020年10月6日

芋ほり

今年も、待ちに待った芋ほりの日がやってきました。

果たして、ちゃんと芋ができているのか。掘ってみなければわからない。

このドキドキが芋ほりの醍醐味であり、怖いところでもあります。

まぁ、最悪の場合には園長が隣のマックスバリュまで走って、買ってきた芋を慌てて埋める覚悟です。

さて、どうでしょうか…。

出たー! 今年も大物がザクザクと出てきます。

そして毎年のことですが、今回も子ども達よりも保育士の方がテンション高めです。

そこへ、芋以外の興味深いものを見つけた子どもが駆け込んできました。

「ちっちゃいみかんがある!」

そう、キンカンです。

まだ緑色で小さいキンカンですが、芋以上に子ども達の好奇心を刺激したようです。

2020年9月8日

台風一過

大きな台風が熊本を襲いましたが、当園は特に損害もなく8日より通常通り運営しています。

そして今日は、あの台風が嘘のような青空。

台風の被害はないかと園周辺を見回っていたら、畑のキンカンにたくさんの実がついていました。

台風、そしてキンカン。季節の移り変わりを感じる週明けになりました。

2020年7月21日

新しい夏のお友達

子ども達が大好きなプールの時間に、新しいお友達が加わりました。

水遊びが得意なゾウくんです。

今年の夏は彼の活躍により、これまで以上に水遊びが楽しくなりそうです。

2020年7月19日

やっと、プール開き

今年の梅雨は、本当に長かった。

やっと照り付ける太陽の季節が到来しましたので、さっそくプール開きいたしました。

例年通り、安全性と衛生面に配慮して一人ずつ個別にプライベートビーチをご用意いたしました。

カーポートに遮られた柔らかな日差しの中、そこそこ冷たい水(適温に調整しています)に満足のご様子。

これから暑い日が続きますが、暑い日にはこんなに楽しい遊びがあるのです。

どうやら、みんな暑い日が楽しみになったようです。

2020年7月7日

七夕さま…お願い!

今日は七夕。

保育士が制作した夜空に子ども達が星を散りばめて、きれいな夜空ができました。

みんなが七夕様に願うのは、ただ一つ!

「この雨を、はやく止ませてください‼」

2020年6月9日

ヒナ安心

先日、4羽のツバメのひなを確認いたしましたが、親鳥が近付いても全然鳴かないので健康状態が心配されていました。

それが、今日になってやっと声を出し始めて、少し安心しました。

子ども達も「ごはんいっぱいたべてねー!」と、成長を楽しみにしているようです。

君たちもツバメに負けないように、ごはんをいっぱいたべてね!

2020年6月9日

職員研修(救急救命)

本年度も、毎年恒例の救急救命講習会を開催いたしました。

とはいえ、ここで得た知識や技術を、これからも使う機会がないのが一番なのですが…。

2020年6月4日

第2回 令和2年度収穫際(ナスver.)

今回の収穫はナス!

熊本といえば全国的に有名なナスの生産地ですから、これは外せません。

さて、今夜のカレーになるのか、明日の味噌汁になるのか…

子ども達からの報告が楽しみです。

2020年5月26日

ロビン 生きたいと言えぇぇ‼

あすなろの畑に、頼りになる船長が登場しました。

保育士たちが日頃の業務で培った工作技術を最大限に駆使し、カラスが裸足で逃げ出すリアリティ溢れるカカシ、その名も『麦わらのルフィ』を完成させました。

…ご批判、苦情等は一切受け付けませんのでご了承ください。

2020年5月26日

今年も…キターーーーーー

例年、ちょっと遅めに巣作りを始めるツバメたちが、今年もやっとやって来ました。

さぁ、私達もこれからカラス除けのチェーンを張って、ツバメたちの子育て支援に頑張ります!

2020年5月26日

お仕事がんばれ~

あすなろの向かいに雑木林がございましたが、ここが住宅地に生まれ変わります。

というわけで、子ども達が大好きな働く車が毎日大活躍!

目の前で元気に動き続ける働く車たちに、大興奮の毎日です。

2020年5月9日

芋ほり準備 着々と

秋の芋ほりに向けて、着々と準備を進めています。

今年のサツマイモ作付面積は、なんと昨年の1.5倍!

しかも、今年は毎年子ども達から大好評なナスも手掛けつつ、初めてメロンにも挑戦します。

 

今、子ども達は「何か、草に一生懸命になって水をあげている」程度の認識ですから、これから花が咲き、実がなる過程を見て、きっと狂喜乱舞することでしょう。

楽しみです。

2020年4月24日

第1回 令和2年度収穫祭

前年度のうちに種をまいていたホウレンソウが、ついに収穫の時を迎えました。

保育自粛要請が発令されていますので園児は少ないのですが、初めて体験する農作物の収穫に戸惑いつつも、互いに声を掛け合いながら収穫作業に汗を流していました。

 

そういえば、今年も畑の桜の木にサクランボが実っています。

サクランボに気づいた子ども達は、不思議そうに手を伸ばしていました。

2020年4月17日

またまた感謝💖 感謝💖 

子ども達と保育士に笑顔を取り戻してもらおうと、熊本県果実農業協同組合連合会がJA熊本果実連と協力して、「子供たちに元気を‼ ジューシーみかんちゃん応援プロジェクト」を実施され、当園も子ども達と保育士に十分な量の「みかんちゃん(125ml)」をご寄付いただきました。

こんなときだからこそ、皆様の優しさやお心遣いが大変ありがたく身に沁みます。

2020年4月5日

祝! ご入園‼

本日は、ささやかながら入園式を挙行いたしました。

参加者をぐっと絞って、会場も初めて園庭といたしました。

例年と随分雰囲気が違う入園式でしたが、この子達の成長に関わることができる喜びをひしひしと感じた入園式でした。

2020年3月28日

日本中の皆様に感謝💓

本日、厚生労働省より布マスクが届きました。

保育施設の従業員に最低1枚は届くようにと、国と地方公共団体が手配してくださったものです。

マスクを入手しづらい現状にあって、これは大変に助かります。

一層の衛生管理に努めながら、より安全な保育環境を提供しなければとの決意を新たにいたしました。

2020年3月28日

修了式

先日は、あすなろとだい2あすなろの修了式が行われました。

子ども達自身は何のことだかピンと来ていないようでしたが、この子たちの成長を3年間見守り続けてきた保育士たちの胸には多くの思い出が渦巻いて、とても楽しく、少し切ない修了式となりました。

この子たちの門出を祝いたいと植えたチューリップが、思惑通りに大きな花を咲かせてくれました。

2020年3月28日

早くも暑さ対策💦

毎年、夏には「異例の暑さ」というフレーズを耳にします。

あすなろでは夏のプール遊びが恒例なのですが、この夏は「暑さのあまりプール遊びができなくなってしまうのではないか?」という危機感がございました。

そこで、まずはプール遊びで使う範囲だけでも遮熱・遮紫外線対策をしたいと考え、カーポートを設置いたしました。

この冬があまりに暖かかったためにとった措置です。

本当は大空の下で元気に遊んでほしいのですが…

地球環境の変化に合わせて、保育環境も変化していくのです。

2020年3月5日

🌸開花宣言🌸

3月に入って、園内の花壇もいよいよ賑やかになってきました。

まずは、定番の桜。この桜はソメイヨシノではなく、サクランボが実る品種です。

もう今年は騙されません(詳しくは昨年の記事をご覧ください)。

花壇にもたくさんの草花が咲き誇り、子ども達も春を感じているようです。

2020年3月2日

ウイルス対策

あすなろ、だい2あすなろでは、従前より数々の感染症対策を実施しています。

壁掛け式の空気清浄機。イオンサークルと抗ウイルスフィルターを内蔵している優れもの。

開園当初から園児の健康を見守ってきた、最古参の環境設備です。

前回ご紹介した、天井埋込型のナノイー発生装置。

保育室やトイレ等でウイルス対策や消臭に活躍しています。

保育室では加湿器を使用していますが、加湿器も手入れが不十分だとカビ菌の温床となるとか…。

加湿器の水に加えるだけで衛生的に加湿できる便利アイテムを発見しましたので、今年度から使用しています。

 

その他、定期的なおもちゃの洗浄では材質によってアルコールや次亜塩素酸水を使い分けて感染症対策に努めています。

2020年2月26日

やまなみ交流会 中止のお知らせ

2歳児が楽しみにしている「やまなみ交流会」ですが、新型コロナウイルスへの対策として今年度の実施はすべて中止といたしました。

子ども達にとってはとても残念なことと思いますが、安全安心を一番に考えてこのような判断をいたしました。

 

2020年2月10日

やまなみ交流会

2歳児の多くは、4月にはやまなみへ転園していきます。

やまなみの設備やお友達に慣れるように、この時期から年度末まで、2歳児は週1回やまなみで遊ぶ機会を設けています。

送迎の園児用バスや広い園庭、大きな遊具などに大喜びしながら、卒園の日を心待ちにしているようです。

2020年2月5日

福は内 鬼も内!

先日は節分のイベントとして、豆まきをしました。

壁に貼った鬼の顔めがけて、新聞紙で作った大きな豆を一生懸命投げていました。

しかし、最後には保育士が扮した鬼と仲直りし、一緒に楽しく福を呼び込みました。

2020年2月1日

発表会

今日は、2歳児がやまなみの発表会の中で、元気な歌や劇を披露しました。

やまなみの広いホールや多くの観客にも物怖じすることなく、しっかりと実力を発揮していました。

来年度には、この2歳児のほとんどが「やまなみ」へと進級していきます。

やまなみのお友達や保育士たちに「これからよろしく」といった挨拶代わりに、すばらしい発表ができました。

2019年12月25日

クリスマス会

今年も、恒例のクリスマス会を開催いたしました。

今年は隣の高齢者介護施設の施設長がサンタクロースに扮して、大盛り上がりの会となりました。

2019年12月25日

【続報】チューリップ

11月に植えたチューリップですが、さっそく芽を出しました。

…早くない? ちょっと、早すぎない?

これが地球温暖化というヤツでしょうか?

2019年11月8日

🌷チューリップ🌷

今日は、2歳児のみんながプランターにチューリップの球根を植えてくれました。

初めて見る球根に目を丸くしながら、一生懸命に先生の話に耳を傾けていました。

春にはこの球根から咲いた色とりどりの花が、この子たちの卒園を温かく見守ってくれることでしょう。

2019年10月30日

芋ほり

今年もこの時期がやってまいりました。

園庭の一角に設けられた菜園で育てたサツマイモの芋ほりです!

はたして、イモは出てくるのでしょうか…

出たー

今年も、なかなかの大きさのイモが収穫できました。

子ども達の顔は泥んこでしたが、とても輝いていました。

2019年10月24日

雨の日も元気!

雨の日は大好きな芝生の園庭で遊べませんが、新聞紙で傘や帽子を作って保育室で元気いっぱいに遊んでいます。

2019年10月3日

遠足(やまなみ)

「あすなろ」「だい2あすなろ」を卒園した子ども達は、ほとんどが連携園である「やまなみ」へ転園していきます。 昨日は、その「やまなみ」の遠足がありました。

あすなろの園長も、この遠足に引率として同行しました。

大きくなって足取りや話し方がしっかりとしている卒園児と一緒に動物園を巡ることができて、大変幸せな時間を過ごすことができました。

動物園といえば、やはり『ゾウ』ですね。

熊本の動物園と言えば、孫悟空のモデルになった猿『金絲猴』も大人気です。

2019年9月17日

あわわわわわ

保育室で飼育中のザリガニですが、たまにエアレーションの泡を全身で受けています。

ジェットバスのように、疲労回復効果でもあるのでしょうか?

2019年9月17日

衛生環境改善計画

保育室の天井に、「ナノイー発生装置」を設置いたしました。

様々なにおいに対する脱臭効果や菌やウイルスに対する除菌、抑制効果等により、一層快適な保育環境が整いました。

2019年9月11日

いよいよ、プール納め

8月後半は天候不良が多く、あまりプールで遊ぶことができませんでした。

やっと晴天が続くようになったのですが、そろそろ気温も上がりにくくなってきましたので今日がプールの最終日です。

プールがなくても、子ども達は芝生が気持ちいいあすなろの園庭や、すべり台などの遊具が充実しているだい2あすなろの園庭で元気いっぱい遊び回る日が続きます。

2019年8月26日

今日は雨☔

雨の日は、みんなが大好きな芝生の園庭もお休みです。

パズルや塗り絵など、座ってできる遊びに夢中になるお友達。

雨の日も体を動かしたいお友達。

雨の日には、雨の日の楽しみ方があるものです。

2019年7月30日

今年のプライベートビーチ

芝生が気持ちいい園庭で、今年もプライベートビーチが始まっています。

毎年、楽しさと安全性にこだわって配置に工夫を凝らしていますが、今年はこの配置がベストとの結論に至りました。

2019年7月11日

お年寄りと七夕会

2歳児が隣接する高齢者介護事業所を訪ねて、七夕飾りや歌をプレゼントしました。

2019年6月19日

初挑戦! 収穫なるか?

今年のあすなろ農園は、なんとスイカに挑戦中です。

やっとスイカらしき果実が姿を現し、子ども達も驚きの表情で見つめていました。

2019年6月19日

え?今頃?

だい2あすなろの玄関先に、ツバメが巣作りを始めました。

「今年は来なかったね」と諦めていたのですが、突然の巣作りに子ども達も大興奮です。

ですが…、ちょっと取り掛かりが遅すぎませんか? 他所の巣では、すでにヒナが飛び立っていますよ?

そういえば、昨年もちょっと遅めの巣作りでした。そういう家系のツバメなのでしょうね。

 

2019年6月14日

職員研修(救急救命)

今年も熊本市東消防署小山出張所のご協力のもと、救急救命講習会を実施いたしました。

乳児サイズや幼児サイズのリアルな人形を使った心肺蘇生訓練や使い方を忘れがちなAEDの使用方法等、いざというときに備えた実践的な研修となりました。

2019年6月14日

初収穫(ジャガイモ)

春に植えたジャガイモが、ついに収穫の時を迎えました。

今年は小振りな品種を植えていたのですが…、確かに小さい!

ジャガイモは小さかったのですが、子ども達の歓声は例年通りとても大きなものでした。

2019年5月11日

安全管理について

皆様ご存じのとおり、滋賀県大津市において幼児二人が犠牲となる大変痛ましい事故が発生いたしました。

亡くなられたお二人に、衷心よりお悔やみ申し上げます。

また、けがを負われた方々におかれましては、一日も早く快復されることを願っております。

さて、今回の事故の報道を受けて当園においても安全管理について再点検いたしました。

特に散歩について、当園は平成28年7月より「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針でございました。というのも、この平成28年7月に「相模原障害者施設殺傷事件」という事件がございました。この事件の報道に接し、すぐに散歩中に不審者に襲われた場合の安全管理について検討いたしました。そして、事業所から離れた場所で事件や事故に遭ってしまうと応援や救助が十分にできないとの結論に至り、「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針が定められました。

この際、「保育事業所における散歩は、子ども達に季節や自然を感じてもらう大切な機会である」という観点から、散歩の範囲を敷地内に限定するという方針に反対意見もございました。

しかしながら、当法人の敷地は広く、敷地内の散歩においても十分に季節や自然を感じていただくことはできると考えております。

例えば、広い花壇には四季折々の花が年中咲いております。

また、敷地内の木々には季節ごとの花が咲き、実をつけます。

前回ご紹介いたしました、サクランボ。

次にヤマモモ。

これはキンカン(今は花の季節)。

畑にはジャガイモが花を咲かせました。

また、アジサイももうすぐ咲きそうになっています。

広い花壇や畑、多くの草花を敷地内に有する当園だからこそ、散歩の意義と安全管理を両立させる方法として「散歩は当法人が所有する敷地の中だけで行う」という方針を定めることができました。

また、敷地内には高齢者介護施設もございますので、こちらにも散歩がてら寄らせていただき、高齢者との世代間交流にも取り組んでいます。なお、余談ではありますが、介護施設は施設内で猫3匹と熱帯魚を飼っています。子ども達は、こちらも楽しみにしているようです。

これからも、安全管理に細心の注意を払いながら、子ども達に様々な体験をしてもらう機会を確保していきたいと考えています。

2019年4月8日

入園・進級式

4月7日は、当園の「入園・進級式」でした。

戸惑いながらも、初めて目にする光景や初めて手にするおもちゃ、初めて接する先生たちに興味津々な新入園児達。

そして、新しいお友達に興奮気味のちょっと大きくなった在園児達。

この子らの成長にまた1年間関わることができる喜びと責任を、職員一同が改めて認識した一日でした。

2019年4月8日

いつからソメイヨシノだと錯覚していた?

なん…だと?

ソメイヨシノと疑わなかった桜の樹に、サクランボがたくさん実っていました。

道理で、ちょっと咲くのが早すぎるなぁとは思ったんですよね。

思わぬ春の便りに、子ども達も大喜びでした。

2019年3月27日

修了式

昨日は当園の修了式でした。

入園の日にはまだハイハイもできなかった子ども達が、今日は元気に駆け回っています。

この子達の成長に関わることができて、本当に幸せでした。

4月には他の園に転園していく2歳児たちが、12月に植えたチュ-リップがキレイに咲いています。

みんなの門出を祝福してくれているようです。

2018年12月27日

餅つき

隣接する高齢者介護施設を訪ねて、餅つきをしました。

臼や杵、柔らかいお餅など初めて目にするものばかりでしたが、お年寄りのご指導もあって上手に餅を丸めていました。

2018年11月10日

地域活動に子どもたちが参加!

認知症の人や家族、支援者などが1本のタスキをつないでいく「RUN伴(らんとも)」というイベントが開催されました。

当法人は「グループホームほほ笑み」という認知症高齢者のための施設を運営しており、このイベントに参加しています。

今日は、2歳児がこのイベントの参加者を応援に行きました。

2018年11月8日

今年も大収穫! 芋ほり(サツマイモ編)

土の中から続々と出てくるサツマイモ。

子ども達も保育士も、歓声を上げながら秋を満喫しました。

2018年9月18日

収穫祭(何回目だっけ…?)

何回目かわからなくなりましたが、今日もナスの収穫です。

翌朝の味噌汁の具になるであろうナスを、一心不乱に収穫していました。

自分で収穫するからでしょうか、ナスに対して親しみを覚えるようで「園でナスを収穫するようになってから、進んでナスを食べるようになりました」という声がチラホラ聞かれます。

2018年7月20日

今年のプライベートビーチ

安全性と衛生面を考慮して、ひとりひとり個別のタライを使って水遊びです。

園庭にテントを張り日陰を確保、そのうえ屋外活動が長くなりすぎないようタイマーをかけ、さらに水分補給も徹底するなど、熱中症対策を施したうえで、楽しく遊んでもらっています。

2018年7月19日

アクアリウム?

保育室に、ちいさな水槽を設置しました。

住人は、この1匹のザリガニ君です。

子ども達からは、元気いっぱいに「エビー!!」と呼ばれています(笑)

2018年6月13日

収穫祭(1回目)

 

ナスとじゃがいもの収穫です。

ナスは各ご家庭にお持ち帰りいただき、じゃがいもは一部をおやつの材料にいたしました。

2018年6月7日

救命訓練

 

今年も、AEDの使用法を含む救急救命訓練を実施しました。

どこで、いつ、誰がいるときに起こるかわからない不測の事態に備えるのですから、この手の訓練は何回も繰り返して理解を深めないといけません。

今年度は、もう1回同様の訓練を行う予定です。

2018年5月9日

今年も順調♪順調♪

 

当園が食育の一環として、子ども達と一緒に取り組んでいる食材の栽培。

今年度は「じゃがいも」と「なす」を育てて、うまくいけば給食で食べてしまおうと計画しています。

その「じゃがいも」と「なす」の発育状況ですが、ご覧のとおり順調です。

さて、メニューは…ベタにカレーといきましょうか?

2018年3月17日

春の訪れ

2歳児が植えた球根から、きれいなチューリップが咲きました。

これから卒園していく2歳児と、4月に入園してくる新入園児を優しく祝福してくれているようです。

2018年2月24日

春の息吹

園庭に設けた花壇に、キレイな花が咲いています。

子ども達と一緒に植えたチュ-リップも芽を出し、別の花壇にまいた花の種も一斉に発芽しました。

 

2017年12月20日

餅つき

  

今日は、隣接する高齢者介護事業所で餅つきをしました。

子供用の小さな臼と杵で上手に餅がつけました。

子ども達もお年寄りも、楽しい時間を過ごしました。

2017年12月6日

年度替わりに向けて…

2歳児(今年度中に3歳になる子供たち)は、これまでできなかったことをたくさん学んでいる最中です。

例えば、箸の使い方。いきなり食べ物では難しいので、さまざまな大きさと形に切ったスポンジを食材に見立てて、箸の使い方を学んでいます。

2017年11月9日

熊日童話会

いつもは保育士が絵本を読んでいますが今日は「熊日童話会」というボランティアグループを招いて、いつもとは一味違う絵本の時間を楽しみました。

2017年10月5日

芋ほり(サツマイモ編)

 

今日は楽しみにしていた芋ほりの日でした。

みんなが小さなスコップを片手にザクザク掘ってみると・・・

出るわ出るわ、大きな芋がどんどん出てきます。

これほどの大収穫になるとは思っていなかったので、子ども達以上に保育士が大はしゃぎしてしまいました。

2017年7月18日

プライベートビーチ

小規模保育でも、暑い時期にはプール遊びがあります。

とはいっても、衛生面と安全面の観点から小学校のような大きなプールは使いません。

ひとりひとりに専用のたらい状のプールをご用意します。

使用後には水を入れ替えるので、全員が新しいきれいな水で衛生的に遊ぶことができます。

2017年6月25日

芋ほり(じゃがいも編)

じゃがいもが収穫時期を迎え、2歳児が芋ほりに挑戦しました。

ご家庭でも調理に使えそうな立派なものから、豆のような大きさのものまでたくさんのじゃがいもが収穫できました。

2017年6月5日

ツバメの巣立ち

ちょっと油断していたら、あっという間に飛べるようになっていました。

2017年5月31日

初収穫

ピーマンといんげん豆が収穫の時期を迎え、子ども達が慣れない手つきで一生懸命に収穫しました。

収穫した野菜は隣接する高齢者介護施設に持って行き、お年寄りにプレゼントしました。

ちなみに、高齢者介護施設には猫や熱帯魚がいるので、子ども達も遊びに行くのが楽しみなようです。

2017年5月22日

グングン育っています

畑の作物が、子ども達に負けない驚異的なスピードでグングン成長中です。

2017年5月22日

こちらも子育て奮闘中

だい2あすなろの玄関に巣を作ったツバメですが、ようやく卵が孵りました。

ヒナは、3羽(もしかすると4羽)いるようです。

子育てが大変なのは、ヒトもツバメも変わりないようです。

2017年4月15日

畑で泥だらけ

敷地内の畑で、子ども達がピーマンやナスの苗を植えました。

また、ちょっと時期がずれてはいますがジャガイモの種芋も植えました。

2017年2月1日

HPを公開いたしました

あすなろ、だい2 あすなろのHPを公開いたしました。

ページトップへ