備えあれば憂いなし

子ども達が全員帰った後の時間に、勉強会を開催しました。

今回は熊本市消防局の職員を講師に迎えて、容体急変時の対応(AEDを含む)を学びました。

なお、今回は隣接する高齢者介護施設の職員も一緒に学びました。

まずは、体の構造に基づいた救急救命の基礎知識を学びます。

そして…

あとは実践あるのみ!

乳幼児、児童、大人と3タイプの人形を相手に、みんな命を救おうと必死です。

今回学んだ技術や知識は、使わずに済むのならそれがベストです。

しかし、備えあれば憂いなし。

いざというときのために、知識と技術の集積は欠かせません。

« « あけましておめでとうございます
ページトップへ